世界の中のロシア。そしてこれからの日本はどうすべきか?(個人的推察)

ロシアは世界最大の国土面積を誇る国。

プーチンの支持率はクリミア併合後90%を実現したらしい。

今後も彼の勢いはまだ続きそう。

確かにもし安倍さんが北方領土を取り戻したとしたら、支持率めちゃくちゃ上がるでしょうしね。

かつての領土を取り戻した成果はかなり評価されているそう。

 

アメリカは、トランプ大統領が「アメリカ・ファースト」と宣言しているように、

世界の中でのリーダーシップが崩れかけた今、ロシアは世界の中での威厳を取り戻すべく奔走しているように見えます。

クリミア併合

(引用:東京新聞)

ロシア系の人が多く住んでいたクリミアは、ロシア側がウクライナからロシア系の人々を守るべく、行動した。

そういう側面があるが、重要なのは、NATOに対する抑止力である。

地理的にも重要な場所である。

クリミアでロシアに「助けられた」と思っている人々は多く、実際クリミア併合後に

ロシアが経済に力を入れていて、以前より暮らしが良くなった、という声が聞かれる。

クリミアでは、税制優遇など経済特区を設けてロシア系の企業を参入しやすくしているらしい。

 

テロ・難民問題

ロシアはヨーロッパのように難民の受け入れはしてこなかった。

難民の人には申し訳ないが、イスラムとキリストの国がうまく行くわけがないのは何となく想像はついた。

ロシアではイスラム系のチェチェン人たちが度々テロを起こしていたので、

イスラム系の難民を入れると大変だ、というのは経験を基づいての判断だ。

チェチェン人。(引用:https://nohchalla.com/)

ヨーロッパが難民やテロの問題で混乱したことを背景に極右派は勢力を増し、

ロシアは極右派を支援してきた。

シリアなどでも存在感を見せつけ、「テロ対策」での協力を武器に世界で存在感を示した。

 

中露関係

(↑この笑顔、日本では見せないですよね。。)

過去の記事でもとりあげたように(こちら:日本人も知るべき中露関係(過去~現在))中国という大国と親密さを増してきたロシア。

日本はこれらの国が隣国の小さな島国であるので、

中国とロシアとは有効な関係を築かなければ、現在のアメリカは頼りなさ過ぎる。

加えて、アメリカはやはり資本主義の国なので、なんとなく完全に信用したり依存するのは危険な感じがする。

 

経済

世界の中で高い軍事力と中国との親密さを増すことで存在感を増してきたロシア。

しかしながら、自国の経済はイマイチな感じだ。

私が思うに、根本的な問題は

医者などの高度な教育と知識が必要な職業なのにも関わらず、給料が低い。

大学の先生や研究者の給料がバイトレベル

※夫はかつて大学で働いていたこともあるらしいですが、給料が低すぎて民間の企業に転職しました。

教育機関や医療や研究にお金をかけない、ということは

そういった高度な研究をできる人が育たないということだと思います。

また、ロシア革命時代に、優秀な研究者は国外に出てしまったらしい。

教育や研究にお金をかけなければ人材は育たないような。

 

日本はどうすべきなのか?※個人的考察

習近平の権力が高まった現在の中国とは、対日関係の改善のチャンス。

その中で、日本とロシアが有効な関係を築けば、中国は日本との関係改善にも意欲的になるはず。

日本は経済も工業も失速している中、中国とは協力せざるを得ない状況。

 

とにかく、小さい島国で成長も止まってきた日本は危機感を持って

アメリカの犬(外国で日本はこう皮肉られている)から少し脱して周辺国と上手くやっていかなければ

資源がない国なので少々苦しくなってくる。

幸いなことに、円は世界的にまだ安定した価値を保っているので、

円が強いうちに色々と手を打っておかなければ。

アメリカとも、ロシアとも中国とも友好な関係を築くのは

今は割と難しくない時だから、安倍さんには頑張ってもらいたいですね。

色々と言われていますが、プーチンともそれなりに信頼関係を築いてきた彼ですから、

他の人に代わられると少しヤバいんじゃないか、と思います。

モリカケ問題で時間を割くより、北朝鮮問題など迫りくる危機があるのに、

国会は何をしているんだろう、と思ったりして。

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

 

 

コメントする